【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。

 

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。



- 注目サイト一覧 -

賃貸事務所、今すぐアクセス
賃貸事務所の紹介
URL:http://new-of-search.jp


【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:2018年02月11日

ミーには、いつも大切にしている言葉があります。

それは、生前祖母がいつもミーに言ってくれていた
「やらんで後悔するなら、やってから後悔しなさい」
という言葉です。

ミーが、五反田に行く前、
祖母は半身麻痺の状態で、
ずっとベッドの上にいる生活を送っていました。

ミーは仕事を続けながら、
家族や親戚と協力し、祖母の介護をしていました。
そんな中、ミーに会社から五反田へ転勤する辞令が下されたのです。

会社に入って
ずっと希望していた職種へ移動できる嬉しさや驚きもありましたが、
辞令を受けた直後は、正直ミーは戸惑いました。

五反田に行くという事は、地元を離れる事になります。
そして、寝たきりの祖母を置いて行く事にもなります。

今でも大変なのに、
ミーが五反田に行く事によって
家族や親戚の負担も大きくなります。

そして、何よりも
大好きで大切な祖母と一緒にいれなくなる事は
ミーにとって辛くて寂しい事でもありました。

いつも、
ミーが悩んでしまった時の一番の相談相手は祖母でした。

そこで、
転勤の辞令を受けた事、嬉しいけど戸惑いがある事、祖母と離れたくない事、
いっそ会社を退職し祖母のお世話をしようかな…などを
祖母にぽつりぽつりと伝えていきました。

祖母は、ベッドの上で、
うんうんとミーが言う言葉を聞きながら質問をしてきました。
「で、あんたはどうしたいん?」

そこでミーは、
五反田でやりたい事にチャレンジしてみたい…と伝えると、
祖母は動くほうの手で優しくミーの頭をなでながら、
「おばあちゃんの事はええから行っといで」

そして、あの言葉を言ってくれたのです。
「しないで後悔するよりも、なんでもやってから後悔した方がええ」