【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません

テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 レーシックによって視力を回復することに成功をした人達というのは、手術前に自分自身でしっかりと勉強をしています。
しかし感染症にかかってしまったりして失敗してしまった人達の多くは、自分自身での下調べをしてなかったことがよくあるのです。
レーシック手術を受けることによって失敗をしてしまうことはほぼありえませんが、100%失敗をしないというワケではありません。
人の手で手術が行われている以上、ミスを起こしてしまうことが考えられるので万が一のことを考えてよく下調べしておきましょう。

 

まずはクリニックで発生した合併症や感染症の感染率などを事前に必ず下調べをしておきましょう。
もしその時に、レーシックを受ける候補に入れていた病院で発生率が高かった時には、別の病院を利用するようにしましょう。



【レーシック知識】100%失敗しないとは限りませんブログ:2018年09月30日

減量で成功した人でも、
「リバウンド」を一度や二度は経験しているかもしれませんね。

ボクも、辛い食事制限で減量したのに、
簡単にリバウンドしてしまったという悲しい思い出があります。

では、
一度痩せた肉体をずっと保つにはどうしたらいいのでしょうか?

痩せた後も太りにくい肉体を作るには、基礎代謝のアップが必要!
それこそがリバウンドを防ぐ秘訣なのだそうです。

脂肪を落とすだけじゃなく、筋肉をつければ、
基礎代謝を高めることができます。

その筋肉を鍛える運動が、無酸素運動なのです。
筋力トレーニングが知られていますが、
ダンベル運動などもそうです。

日々少しずつ、
筋肉に負担をかける簡単な運動を続けることが大切!

100メートル走や重量挙げなどは一般の方ではなかなかできませんし、
息をとめるような無酸素運動なので、おすすめではありません。

おすすめの運動は、女性でも手軽にできるような静的運動です。
静的運動とは、走ったり歩いたりして、
肉体を激しく動かすものではなく、
肉体を固定して行う運動のことです。

押したり引いたりして筋肉の収縮を持続させるタイプのものと、
筋肉を繰り返し使うものの2種類があります。

どちらも筋肉を強くすることに効果的ですので
1日数回1セットを日々続けるといいでしょう。

太りにくい肉体を作るためには、
踏み台昇降や踏み台昇降などで
お腹やうで、脚の
筋肉を鍛えることが大切なんですね。

ウォーキングなどの有酸素運動と合わせて、
無酸素運動で筋肉を鍛えることが最も効果的なようですよ!