【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 あなたが加入をしている生命保険や医療保険などがレーシック手術の補償がされるかどうかをまずは確認しておきましょう。
保険会社の担当者やホームページの注意事項を確認し、対象となるかをチェックします。
生命保険や医療保険などでは、レーシック手術をすることに対して保険金を給付してくれる場合があります。
その場合には所定の内容に従って事前に手続きを行う必要があるので忘れないようにしましょう。

 

最近におきましては保障の対象外に指定をしている保険会社も多くありますので注意が必要です。
よくわからない場合には加入をしている保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう。



【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付ブログ:2018年02月14日

大腿部が太いと、他の部分が細くても、
どうしても太ってみえてしまいますよね。

大腿部が太くなる原因としては、
細かく分けるとさまざまな要因が考えられます。

中でも特に多いのは、
姿勢が悪い事が原因で大腿部が太くなるものです。

また、セルライトや脂肪の蓄積によって、
大腿部が太くなる場合も多いです。
エステなどにいけば簡単に細くなりますが、費用も時間もかかります。

なので、あたしが実践している
「大腿部痩せ」の方法を少し紹介します。

姿勢が悪いと、血液の巡りが悪くなります。
必然的に「大腿部のむくみ」が起こりやすくなります。
まずは、できるだけ姿勢を良くするように注意しましょう。
足を組まないのも重要です。

また、ヒールの高い靴や、足にあっていない靴は、
正しい姿勢を保ちにくくさせます。
できるだけ、足にぴったりで安定性の高い
スニーカーなどを履くようにしてくださいね。

セルライトや脂肪の蓄積には、
マッサージ、運動やストレッチなどが有効です。

気になる部分をお風呂で揉みほぐしたり、叩いたりするのがいいでしょう。
ストレッチは、お風呂上がりの身体がポカポカしている時が最適です。
普段使わないような筋を、ストレッチで動かしてあげましょう。
激しい運動は、筋肉がついて余計に太くみえる可能性があります。

運動するなら、
ゆっくり歩いたり、水中ウォーキング程度がベストですね。
目安としては、誰かと喋りながらでもできるような、軽い運動が最適です。
是非参考にしてみてくださいね。